2018年4月4日水曜日

弁護士らしくない話し(其の25)


今生きている時代というもの

 時代というのは、それを現に生きている、そのときには、よく分からないものです。
 今生きている時代というものの意味、その位置付けは、大部時が過ぎてからしか分からないものであることが一般のようです。

 しかし、佳き著作を読んでいると、只今生きている時代とは、こういうものであるのか・・・と気付かせて呉れることがあったりします。
 トランプなどという人物が大統領になるなどということは、凡そ合理的には予想出来ないところであったように思われますが、それでも人類の歴史の中では、これはこれで決してあり得ない話しではなかったようです。

 塩野七生は、ヴェニスの歴史を著して世に出た人ですが、その後、中世ヨーロッパを書き、ローマ人を書き、遡ってギリシャ人を描いて、アレキサンダー大王を以て、大部の小説については、以後擱筆しました。
 今年1月に、ギリシャ人の歴史の第3巻を書き上げました。これは、アレクサンダーの物語です。この前は、1年強前の2016年に、いわゆる衆愚政治の時代を描いています。アルキビアデスの時代です。民主政、その華かなりし頃合(BC460ころ)から、その後、半世紀が経つや経たないで、一挙にギリシャ人が劣化したのか、揃って愚劣になったのか・・・
 依然ギリシャ人はギリシャ人であって変わってはいない筈。では何が・・・ということを考えさせて呉れます。

 その延長線上で、中公新書の新刊で面白い本を見付けました。「戦前日本のポピュリズム」筒井清忠著・2018年1月刊です。
 1905年の日比谷焼き打ち事件を日本の戦前のポピュリズムの嚆矢として、その後、日中戦争、日米戦争へ至る道程を説いています。
 朴烈怪写真事件というような、それなりに知られてはいるものの、その意味合いは、そのとき生きていた人達にしかよく分からないような事件も有れば、その後の大戦への道筋を付けたと言われる統帥権干犯問題なるものも、詳しく紹介され、その位置付けが行なわれています。
 治安維持法とセットで成立した普通選挙が大衆デモクラシーの時代を拓き、政党政治の混乱、混迷を招き、そして、破局・・・

 ポピュリズムとデモクラシーの関係が興味深いです。
 アメリカ独立革命とフランス革命の標語は、代表無ければ課税無し!でした。
 階層というマスの人の集団と代表ということがテーマでした。が、今日、階層というような塊りで人を捉えることは難しいです。人の集まりは様々に分裂し、また、様々な場面で複合的に、複数の集まりに重層的に帰属し、或は帰属しなかったりします。大国アメリカの大統領の言説は、ツィッターで恰かも個人対個人の言説のようにして流されます。大衆は、摑み切れない砂粒のようになる一方で、ITが個々人を適切に掬い上げているかの如き誤解が罷り通っているように思われてなりません。

2018年3月26日月曜日

弁護士らしい話し(其の28)

「超低金利時代」ということ
 
 近時は、テレビを視聴するのは、専ら高齢者であって、若者は、ネット・スマホに時間を取られて、テレビ離れであるとのこと。
 とは言え、未だにテレビを日常的に視聴する我が身。
 地上波放送の面白なさと、一方、BS放送での高齢者を専ら対象としているセールスに呆れ気味。健康、サプリ、霊園・・・
 
 その中で、低金利の時代に、どのように資産運用をするべきか、との指南、押し付けアドヴァイスを散見。
 最近世上を騒がせている話題は、某地方銀行と組んだ(?)、シェアハウス経営なるビジネスモデルの売り込み。サラリーマンを相手に、不動産をローンで買わせ、低利借入に比して、賃料収入で楽々・・・との与太話し!!
 
 凡そ法律家で借家借地の問題を扱わないということは先ず考えられないところ、これら地主家主の苦心惨憺を身近かに長年見て来ている立場からは、新たに不動産を取得して、これを賃貸して、安定的に収益を上げ続ける・・・という話しは、専門家ならぬ素人、新規の物件取得者には、土台大難事の筈!?
にも拘わらず、斯様な儲かりまっせ!!ビジネスは只今盛況の様子。
 
 改めて世の中を見回すと、少子超高齢社会、その一方で赤字国債の累積による将来的な経済不安の様相。
 かくては、何か頼るべきツテを・・・何か賢明な方策は・・・となるのは、人情の然らしむるところ。
 しかし、既に土地神話は崩壊して久しく、人口減少は首都圏の一部を除いては顕著なところ。県庁所在地でも、空き家が目立つと言われて久しい此の頃。
 必ず儲かる商売は、これは儲かるからと人をして、金を出させる商売のみと、昔から言われているところ。
 
 結局、将来的な経済的クラシュ、崩壊の漠然たる不安を煽って、目先の儲け話しをして人に金を出さしめる、というのは、文字通り伝統的な手法であり、須らく人々が乗せられるところの模様。
 
 ならば、どのように処すべきか?
 これについては、橘 玲著「国家破産はこわくない」(2018年1月、講談社+α文庫)が一ツのヒントを示して呉れている様子。
 将来的に予想、或は予測、将又噂されている経済的困窮事態、それは膨張し続ける国債、財政赤字が何を惹き起すか・・・ということであり、それを魔物の如く、ともかく恐れるか・・・ハイパーインフレが生じるか・・・
と言い条、改めて歴史を振り返ると、一夜にして日本円が紙クズになるということは有り得ない話し。すなわち、第一次大戦後のドイツ、第二次大戦後の日本・・・前者はともかく、後者でのインフレ率は、1936(11)年から1954(29)年までの18年間で消費者物価指数が300倍になったとか。1949(24)まででは、200倍。そして、1945(20)年から1949(24)年までの比較で70倍というような数字が掲げられている様子。
 
 と分析して行くと、これらの背景には、膨大な戦時国債と戦争に因る国民財産の大幅な毀損があり、貨幣の価値を裏付けるべき物がそもそも無かったから、と考えれば至って当然の帰結。
 そして、インフレ、ハイパーインフレと考えて行くと、このような先の大戦後の事象が頭に浮かぶことは必至。
 であるが、只今の少子高齢、人口減少、膨張する赤字国債の帰結は、人々の心象の場面ではともかく、このような戦後の急激なものとは明らかに異質のもの、異なった程度のものである筈。
 
 しかし、その一方で、いつの時代にも「狼が来るゾ!」とのオオカミ少年は付き物。其処彼処に、ウロウロ、ウジャウジャ・・・
 このような不安に乗じて金を儲けようという族は、いつの時代も、どの国でも必ず存在。そして、活躍、跳梁。
そして、これに乗せられる人々も。
 
 高齢者に向かっては、資産の運用を説くよりは、資産を如何に費すべきか、を説く方が余程世の為、人の為になるものか・・・
 富は溜め込むことよりも、立派に費消することの方が難しいよう。

2018年1月26日金曜日

弁護士らしくない話し(其の24)


生き死にの話し

 生き死にの問題・・・
 これはどうもこれまで公然と語ることはタブーであった模様。少なくとも、人前で一般的には語らないというが黙契であった様子。
 我ら団塊の世代が年金世代となり、2050年以降、我が国の人口は激減することは必至。就活、婚活、終活・・・と。
 若干前からEnding Noteを予め記しておくべしとの声は有ったものの、これはどうも専ら送る側に立って、残された者が困らないように・・・との要求が背景にあったと窺われます。

 扨、昨年には、地獄極楽の絵図の展示が活況を呈しているとのことで、足を運んで熟々眺めました(7~9月、奈良国立博物館)。恵心僧都源信(9421017)の著した「往生要集」の世界です(昨年は丁度千年忌)
 地獄と言えば、ダンテ(12651321)の「神曲」が世界的には有名ですが、その生存時期は、源信の方が凡そ三百年先じています。

 仏語(フランス語であって、仏教語に非ず)では、死のことをmort(モーる)と言い、
           死すべき者     mortel
           死すべからざる者 immortelとを、
人間と神とに振り分け、使っているとのことがシラー(17591805)の「群盗」の初めの部分で述べられていたと記憶。
 とにもかくにも、人は死すべき存在であり、このことは古来から人にとって最大最重要なテーマであった筈のところ、近代以降の医学の発展の結果、このテーマから人は遠去かって日常生活を送ることが原則のように転じた模様。

 とにもかくにも生き死にの問題が肝要であり、結局絶対に避けて通れない問題、全ての人が辿る途であり、その先の関門・・・

 にも拘わらず、生きる為の手立てであるところの、金を稼ぐことに狂奔し、その道具の金に鼻面を引き回されるという為体。
 特に、倹約を美徳と煽られ、勤倹に励んで来た我ら日本人は、結局、自らは遣い切れぬ金を子らに残して、子らをSpoilすることに・・・嗚呼・・・ 

 よく生き、よく死に、そして、見事に金を遣いたいところです。全部を遣い切っては困るとしても・・・

2018年1月11日木曜日

弁護士らしくない話し(其の23)


本を読むということ

 これまでも、これからも、趣味は?と問われ、読書!という答えはしない、としています。
 その理由は、肉体(フィジカル)を維持するには、飲食を必要とし、精神(メンタル)を鍛え、伸ばすには、ヒトの記した本を読むことは不可欠と考えているからです。
 メシを喰うように、本を読むことは、ヒトが生きるということに必須と思っています。
 然るに、件の大統領は、本を読まないことが恰も自慢の様・・・

 扨、丁寧に記録を取るようになったのは、ここ30年程の期間ですが、大体年間百冊は読んでいます。
 買ったまま「積んどく」になっているものは、その倍くらいに上ぼろうかと思われます。
 近々目から鱗であったのは、今流行りのDiversity、自然界における生物多様性が何が故に必要不可欠なものであるか?ということを気付かせて呉れた次の2冊です。
 人類、ホモサピエンスという種が今後も生き残ってゆく為には、この多様性は不可欠の筈ということに気付かされました。



 また、齢六十を超えて、根気なり、集中力なりを要する作業が億劫になりつつある一方で、古典に属する分厚い本を読むことが意外にも苦にならないことです。
 島尾敏雄の「死の棘」というのは、夫婦の諍いを延々600頁余も書き綴った、私小説です。これまで二度、三度挫折していましたが、関連する文献と言うか、読み物、書籍と読み比べるつもりになって、漸く読破することが出来ました。

 読み比べたのは、次の3冊でした。



 更に、追い駆けて、妻の島尾ミホの短編集「海辺の生と死」(中公文庫 1987(62)年 全239頁)(元々は、1974(49)年 創樹社刊)を読むと、夫の島尾敏雄の私小説「死の棘」の様相、感想が又々ガラリッと一転したような印象です。


 事実も、印象も、正に人それぞれであり、人の数だけ真実が有るような気がしました。